ゾンビ状態と忍者走り。

4月14日の大会は途中、額から出血し、右手が痛くて振れず
山の中を移動した。ゾンビのような状態だった。

今日の練習10km=63分。
今月の走行距離156km。

まだ、首、右肩が痛くて右手を振ることが苦痛。


腕を振らない走りと言えば

以前、スズキ浜松ACの清田、安藤選手が腕を振らない
「忍者走り」で好記録を出したが、当時のコーチは辞めて、安藤選手はワコールに移籍。
4月1日より藤原新氏がスズキ浜松ACのコーチをしているが
清田選手の「忍者走り」をそのまま、続行させるのだろうか?

"ゾンビ状態と忍者走り。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント