ゆっくりジョグにも意味がある。

よく、スロージョグは脚の筋肉が付かないから走力向上には意味が無いと書いている人がいる。
しかしながら
私の尊敬する先輩(たくさんいるが70代のAさんの場合)
私が彼に出会った時、彼は46歳だったが、時々、1,000mダッシュをする他ほとんどロングジョグの練習しか見ていない。)
短いレースによく出ていた。
月間走行距離は400km超えていた。
47歳の時、気温23℃の青島で2:48で走った。
今でもハーフを1:48で走っている。

60代半ばのBさんの場合
私が彼に出会った時、彼は50歳だった。見てたら練習はジョグのみだった。(ダッシュも無)
ある日、町駅伝の練習会で監督が彼を誘って10kmロードを5名程で走ったところ、私たち4名は調整して走っているのに、ほとんど練習を終えて帰ろうとしている状態の彼にみんな置いていかれた。
その後も練習会に誘うも一緒にスピード練習したのは2年間で私とタイマン勝負の1回だけだった。(1,000m×10本)私は全敗だった。
彼はhalfで当時の福岡国際Bの資格をゲットし出場した。(残念ながら関門DNF)
60代半ばの今でもハーフを1:30で走っている。

他にもスロージョグはストレス解消になる。走ったという満足感がある。ウォークよりやせる。
ということで、スロージョグも意味があるのだ。

上記の先輩方はランニングブログなど見ないだろう

※休足日に家族サービスをすべき人はそちらを優先してください。

このブログは独り言ブログである。

今日の練習24km。2時間30分。
※今日は何故か3名のランナーに挨拶された。
今月の走行距離136km。

写真は今日のコースIMG_20190824_105732.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月08日 21:27
父親は「ジョギング推進派」です(^∇^)
[坂道も走るのが効率的だ]と言います(^^)(^^)
逆に[スピード練習は、少しだけで良い]と 言っていますm(__)m

心が安らぎそうな画像ですね♪
2019年09月09日 06:07
とっきゅうさんの言う「ゆっくりジョグ」が、どのくらいのペースなのでしょう。
キロ7~8分とかでは… 無いですよね(;^_^A
ぼくのゆっくりはそれに近いです。
2019年09月09日 06:55
長距離向きの身体を持つ方がスロージョグで無理なく心肺機能を高めるとそういう素晴らしい走りができるのですね。私は長距離向きの身体ではないので、スロージョグだけで決して速くなりませんが、35年走り続けてきて大きな故障は一度もなく、病気にならない心と身体は手に入れられたと思っています。
とっきゅう
2019年09月09日 19:21
monoranさん。
坂道ですか。いきなり息が上がりますもんね。
家の前の坂は急で上るのが後回しになっています。
スピード練習は故障の一歩手前で辞める判断が難しいです。
とっきゅう
2019年09月09日 19:25
としさん。
6~7分ペースです。
7~8分ペースで走るより楽です。(故佐々木監督の理論では8~9分ペースですかね?)
とっきゅう
2019年09月09日 19:28
山さん。
タイム向上だけを目指していると人間、いつかは落ちていくので
マラソン、10kmレース等を走る目的はタイム以外の物を持たないとダメですね。
大きな故障なく死ぬ直前までスロージョグができるのが人生の勝利者です。